カラーズの始まり…その2

こんばんは。

今月が決算で、今期中の仕事を終わらせるべく地道に動いた加藤です。

少しづつ残っている仕事を片付けれると、ちょっとスッキリしてきます。

はい。当たり前に続けます。

 

さて本日は、昨日の続きをで、大学入学前〜大学4年の就職活動前まで書きます。

さてさて、どうしようもない高校生活から、部活(ハンドボール部)だけ真面目にしていた事で、どうやらスポーツ推薦で大学を勧められる事に…。

どうしようない自分に、スポーツ推薦の話は、今考えればとてもありがたい話ですが…当時の自分は断ることを考えます!

推薦された大学のハンドボール部は、当然もろに体育会系、1年は坊主、2年はスポーツ刈り、3年でやっと普通になり、4年で好きなことが出来るイメージです。

そうなんです。断ろうとした理由は、坊主です。単純に坊主が嫌だったんです。

今でこそ、坊主でもおしゃれな坊主もありますが、当時は坊主…やっぱり考えられませんでした。

 

そんな状況から、急展開の切っ掛けは、同じ高校の先輩である兄からの一言、

大学に推薦の話があるなら、行けばいい。大学に普通に入ったとしても、どうせ

高校と同じように、遊んで終わり。

何かに我武者羅にやれる事があった方が良いと…。

そんな兄は、同じ大学の空手部の主将。説得力ありすぎました。

 

確かに、ここで自分の運命の分かれ道。

カラーズに向けてのベース考え方の始まりになります。

(正式には中学校が始まりですが、それは、また機会のあるときに)

高校時代に、どうしようもない生活で、唯一真面目に後悔だけはしないように取り組んだハンドール。

どうしようもないやつでも、ひとつだけでも本気で取り組んだ事で、大学にスポーツ推薦の話をしてもらえることって、冷静に考えると、こんなポンコツでも頑張れば?夢中になれば、何らかの道は開けると体感出来たことは、今後の展開に、大きな影響をもたらす切っ掛けとなりました。

まー推薦を受けるとなってからも、とてもブログに書けるような内容ではないこともありつつも、何とか大学に滑り込みます。

急展開で、かなり端折ってますが…。

という訳で、大学に入り、丸坊主の一年生、入部してみれば一番体も小さくハンドボールのことも他の一年生と比べれば、何も知識も経験も最低ラインからの始まりでした。

ここからのハンドボール生活は、ひたすらハンドボールで自分の基礎体力を培った4年間。これはこれで自分の基礎体力のベースになります。

まさに気合と根性の4年間で、カラーズに関わる項目があがるのは、就職活動の時に、高校時代にピーコックの話を思い出します。

高校時代の、、たわいのない夢の話がどう続くのかは…。

という事で、本日はこの辺で。

明日は、その続きを書きます。

PS この内容は、今の社内のスタッフにもあまり話してない内容なので、そんな考えでカラーズが始まったんだ的な内容です。お客さん的には面白くないかもですが…。ごめんなさい。スタッフ向けに書いておきます!

カテゴリーBLOG

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です