カラーズの始まり…その5

こんばんは。

今日も朝から、現場で確認しつつ朝一から打合せで始まった加藤です。

保険の打合せから、会社に戻って直ぐにお客様から連絡があり、またまた現場に戻って、トラブルの原因究明に…26期に入って二日目ですが、いろいろあります。

ま−いろいろあるという事は、それだけ動いているからだと思って納得することに…にしちゃいました。

はい、そんなこんなで面白そうになりそうな今期の始まりですね。

 

さてと、本日もあまり意味のある内容ではないですが、カラーズの始まりと切っ掛けなので、そうだったんだくらいにしておいて下さい。

さてさて、スノボードに嵌って、大きな勘違いまで書きました。

スノボードを始めたのが、24才の1月2日…1988年の事です。

スノーボードにどっぷりハマり、自分は天才だと大きな勘違いの真っ最中です。

この時に、スノボードの店を出そう!これで独立しようと、勘違い真っ最中に決めちゃいます!

 

ここからは、シンプルです。スノボードの店を出すにはもちろん人より半端なくスノーボードが上手くないと行けないと思いました。

 

という事で、その流れで、人よりうまくなる方法を考えます。

海外でスノーボードしに行きうまくなろう!

 

という事で、カナダにワーホリに行くことにしちゃいます。

とは言え、そんな簡単なわけにはいかないかなぁ〜。。。と悩みます。

 

整理しておきます。

この当時の自分の環境は、スノーボードにサーフィンにハンドボールに相変わらず、続けています。

 

この時期の大きな展開には、ハンドボールの要素も絡んできますので、少し説明をしますね。この前の年にちょっとした変化がありました。

 

スノボードを始める前に高校生にハンドボールを教えていた背景があります。

 

大学のOBチームで、当初の目標の沖縄国体も出場し、続いて京都国体も出場してました。順調です。楽しいです。負けちゃいましたが…次を目指してます。

 

そんな折に、母校のお世話になったハンドボールのコーチが辞められて、コーチが不在になり、高校の大先輩で、大学のOBチームの監督に一言いわれます。

 

高校のコーチをやれと…。基本先輩との会話は、はい。しかありませんので高校のコーチを引き受けます。

 

もちろん、自分は大学で入れてもらえたのも、どうしようもない高校生活も唯一救ってくれたのがハンドボールです。

大学にも推薦してくれた母校にも恩も感じてましたし、当然引き受けるのは必然でした。

 

とは言え初めは、やる気があるのかないのか、グダグダのチームが行くたびにちょっとづつ変化が生まれてきます。教えるたびにスポンジみたくどんどん吸収していきます。

素直で愚直で何でも吸収するスポンジです。

この時に、高校生にハンドボールを教えるのが面白くなってきます。

この頃には、会社の営業成績もそれなりによく、毎日サーフィンしながら、ハンドボールも教えるのも面白く、自分でプレーするのも面白く、とういか、ほんとに充実していた時に、今度はスノーボードです!

手放しに面白かったですし、未来も見えてきました。ま−それなりにある程度のポジションにもいけるなぁ〜何とも生意気に思っていました。

しかしながら、教えれば教えるほど、高校生と自分を重ね合わせていくと、今の自分と高校生の自分に違和感をかんじます。

そんな高校生を接するうちに、海に流されていた高校時代の夢を思い出させられます。

楽しいけどなんだか悶々としてきます。

そんな時に、高校時代のたわいない夢?独立がにわかに見つけたことが原因なのは明白でした。

解っていてもシンプルにスノボードの店に開くには…カナダに行くのは…なかなか決めかねていました。

 

そんな事を考えながら、また次の休み…成人式の休み前だったと思いますが、会社から帰る車の中でラジオから曲が流れてきます…。

結局人生やったもん勝ちよ♪…。小泉今日子の見逃してくれよ!

そっか!やんなきゃ何も変わらないっと…その時に会社辞めて、ワーホリに行く決心をしました。

スノボードを初めて、約二週間の出来事での急展開。2月にはワーホリの書類を集めて、申請をしつつ動き始めました。

それでも、まだ自分に自信がないので、周りの人に言い始めて宣言しちゃいます。

そうです、得意の背水の陣で、やらなければいけない環境を作り始めちゃいました。

もちろん、英語…喋れません。考えてみて下さい。

高校もろくすっぽ行かずに成績は、下からに2番めです。

お金…全くありません!考えてみて下さい。

スノボードにサーフィンにハンドボールに、高校のコーチです。生徒が腹をすかせて勝手に自分車に乗り込んできて、やれ腹が減ったの、喫茶店(ピーコック連れていって…)全部自分のおごりです。

知識も経験もなく、勢で行くことにしたこのあたりまでが、カラーの始まりの第一章になりますかね。

せてせて、この後も一波乱もありそうですが…本日はこの辺で。

 

まだバブル全盛の、終身雇用時代です。

勢って怖いですね!

この時の選択で自分の人生が大きく変わったのは間違いありません…。

カテゴリーBLOG

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です