何屋さんです…?

こんばんは。

ブログ30日目

日焼けした肌に赤いTeeシャツは、まったく似合ってないことに今更ながら気付いた加藤です。

髪の長さは、昔のサーファーっぽい緩いウェーブに、日焼けしすぎて皮がむけた肌。コロナ禍での白いマスクに、70’s風の赤のベースに白い細いボーダー入りのTeeシャツ。

想像してください!ダサい丘サファースタイル!この格好で真面目な打合せを2件してきました。

それでも今回は、またまた新しい試みを!

工事内容を絵に描いて、出来る限り見てわかるように!

ほんのちょっとですが、このブログ書き始めた当初の「絵は口ほどに物を言う」

改善の余地はありますが、説明をする際には確かにあったほうが説明しやすいと思いましたので、継続して描き続けます!

でも、そうは言っても結局自分の口で、一つ一つ説明して、まだまだ自分の絵では、何にも言ってないなと実感…悔しいのでもっとうまく描けるようになります!

そて本日はというと、昨日の話です。

壁に絵を描く仕事にしに現場に行っていろいろと準備をしていると、珍しいのか声を掛けられます。今から何をされるんですかと…?

「壁に絵を描きますと、普通に答えます…そのあといろいろ質問されつつ、まるで柔道の襟を取りにきているところを、何とかかわしながら作業を進めていきます。

ふと気を抜いた瞬間に、襟をつかまれ技を掛けられます!

その技とは、最終質問の、いったい何屋さんですか?何をしてるんですか…と!

いつもこの質問には、受け身を取れずに技を掛けられるままです。

今までは、それはそれでい良かったのですが、何者かを説明することは、ほとんど興味がありませんでしたし、興味あれば調べるでしょ。と気にも留めてなかったんです。

でも今回、ブログや、eluなどについてやり始めると考え方が変わってきました。

ブログや、eluなどは、自分の考えや、どんな会社、何を考えている人などを、自分の言葉で発信して、一人一人に興味のある方には丁寧に伝えていなければ、カラーズを知ってもらえる事も、自分に興味をもってもらえる事も、自分が作った、制作した、描いたものにも興味も知ってもらえる事もありません。

自分が今まで思っていたことと、自分がこれからしたい事の行動は、まったく違う結果になってしまう事に気づきました。

ここからがまたまた、気づいたので高速で襟を切りに行きます!

そう考えるとどうやって、しっかりと、ちゃんと、いつでも、どのタイミングでも伝えることが出来るようにするのかが課題です。

では、どのようにしてと考えた時に、カラーズの15秒CM、各店舗、自分のも含めて説明できるようなCM(YOUTUBE)もしくは何らかの形の動画を作るようしたらどうかと思いました。

口下手な自分にとっては、百聞は一見にしかずのスタイルで、やっぱり見せるのが一番早いかと思います。という事で社内でCMを作ります。

今回のように、一人一人に興味をもらった人にオンラインやSNSなどだけではなく伝える事には確実に伝えられれば一人知ってもらえる事が確実に出来ます。スタッフ全員で行えば約20名 月で考えれば600名です。年間で7200名小さな積み重ねがとても重要だと思いました。

今の時代、オンライン、DXなどいろいと言われていますが、いろいろと試してみて感じたのは、自分たちにできるのは、やっぱり人と人、FACE TO FACEに原点回帰、時代に逆行のアナログスタイルがカラーズらしいと思いました。

襟をを取られて、技を掛けられましたが、ここで返し技について一つの方向性が見えてきました。方向性が分かったので、速攻で制作に取り組めるようにしていきますので、こうご期待!

このCM作成、お客さんでも誰か手伝ってくれる人、カメラや撮影に興味がある人いないですかね?なかなかいないとは思いますが、いい刺激にはなると思います!

 

さて、本日の1枚は、乾坤一さんのOVER THE RAINBOW

最初のアイディアからになります。

 

再販が決定されたようです!乾坤一さんから OVER THE RAINBOWが販売されるようです!

すごく嬉しいですね!前回はすぐに完売してしまったので、もし見つけたら購入してみてくださいね!

このお酒は、蔵元の乾坤一さんの大沼社長がコロナ禍で、酒米農家さん、蔵元、酒の卸業者、酒屋さん、飲食店など日本酒にかかわる方が大変時に虹のかなたに明るい未来につながるように思いのこもったお酒になります。

もう少し内容が知りたい方は、インスタのアカウントを覗いてみてください。

@colors_kato_archive

@colorsbackstage

自分もお陰で、お酒がほんのちょっとだけ飲めるようになりました!

本日はこの辺で!

また明日!

 

 

カテゴリーBLOG

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です