家具のサスティナブル…続き。

こんばんは。

ラフ画とデザイン画を朝から描き始めて、まだ終わらない加藤です。

いつも思うのですが、デザイン力や画力は、負荷が掛かりすぎて、どうしようもない状態まで来て、煮詰まった状態になると、新しいもの得られるのが面白いのです…が大変です。

没頭すると、どうしようもなく、小、中時代にハマったプラモデルをオールナイトニッポンを聞きながら、徹夜で作った頃と変わりません。

はい。この年になると段々と子供に帰り、現在は中学生くらいまで戻ってます。

おおよそ中二病です。これ以上若返らないようにしておきます。

 

さて、本日の絵は、昨日の続きです。

白のコンセプトの部屋には、基本殆どのものがリメイク、アップサイクルされているものになります。

当時は、サスティナブルもSDGsもアップサイクルの言葉もまだ使われていない時代でした。

カラーズのような資本力もない会社にとっては、使えるものは使って、加工してでも、大事に使うことが普通にしなければならに事でした。

始まりは、おじいちゃんが建てた倉庫の改造から始まりなので、カラーズがして来たことが、少しでも理解されると嬉しいなと思います。

最もカラーズの場合は、サスティナブルもSDGsも、アップサイクルなど、世の中が取り組んでますと言うよな、そんな立派なものではありません。

しかしながら、出来ることから小さなことから、今まで通り取り組んでいきたいと思います。

本日は、この辺で!

また明日。

 

 

カテゴリーBLOG

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です