ICHINOSEKI-01

第一章 夢 - Dream –

一関のOさん一家が暮らす築65年の牛舎をリノベーションしたお家は、
私たちCOLORSリノベーションのストーリーを語る上で欠かせない存在です。

そこは、半世紀以上も支えた頑丈な躯体と
家族の「今」×「これから」のライフスタイルの掛け算で生まれた家。
住むひと自身の手で古きを温め、未来へと共に育っていく住まいの姿です。

Oさんの宅に生まれ変わった古い牛舎は、お祖父さんの代まで使われていた建物。
母屋の隣に建っており、一関の厳しい冬の豪雪にも耐える頑丈な造り。
年月を重ねた土壁や杉板の外壁、瓦屋根といった佇まいが凛々しく、
立派な梁や柱や床もまだまだ現役です。

Oさんご夫妻は、
一関の豊かな自然に囲まれたこの味わいのある建物で、
思いきり走り回ったり、大切な友だちを招いたり。
家族四人がのびのびと好きなモノに囲まれて、
好きなコトに熱中しながら暮らすことができたら、
どんなに楽しいだろうと考えました。

 

 

第二章 幕開け - Beginning –

実は、Oさんからこの牛舎をリノベーションしたいと相談された時、
私たちCOLORSには古民家のリノベーションについて何のノウハウもありませんでした。
それこそ必要な知識、人材、材料、道具も全く持っていなかったのです。

「さて、どうしよう…」「どうやったらできるのかを考えよう!」と、
できないことをできるようにするための思索から始まりました。

こうして、右も左も分からずに幕を開けたリノベーション。
まずは、古民家に詳しい大工さんへ相談。
たくさんのことを教えていただきながら、一緒に考え、
そこから少しずつ、この牛舎を活かし、材料を工夫することで
一歩一歩の全てが手探りの、古民家再生の家づくりが始まりました。

 

 

第三章 再生 - Reproduction –

半世紀以上も風雪に耐え、どっしりと建つ牛舎。
古くても、キズが多くても、その風格は唯一無二。
タフに使われてきたからこその深い風合いがあるうえ、
今ではなかなか手に入らない地元の上質な木材がふんだんに使われていました。

この家は、住まう家族にとって重要なアイデンティティになる―。
私たちCOLORSとOさんはそう考え、かけがえのない材料をそのまま生かす道を選択。
未来へと背中を押してくれる家づくりを目指しました。

 

 

第四章 創造 - Creation –

Oさん一家は古材を磨き、壁に漆喰を塗り、床をオイルステインで塗装。
さらには、牛舎の納戸で長年眠っていた杉のソッペ材を天井に使ったり、
牛舎時代の通気口だった窓の木枠に小さなガラスをはめて明り取りにしたり。
干し草を積んでいた天井裏は、ロフトを造作して子どもたちの隠れ家や冬の寝室に。
牛たちが角で削った後が残る柱には、ヴィンテージのお皿をモザイクタイルのように飾りつけて。

今ある材料を最大限に生かしてカスタムしながら、一つひとつに意味を込めた空間へとー。

柱や梁の一本一本、床板の一枚一枚、漆喰に残るコテの跡、ペンキのムラまでの全てが愛おしい我が家。
完璧な建築物とは言えないかもしれませんが、何物にも代えがたい等身大の温かさがあります。

ヴィンテージや味わいのある雑貨が大好きなOさんご夫妻。
その場所にぴったりと似合う北欧ヴィンテージアイテムを中心にコーディネイト。
もちろん、ご夫妻がかねてから『3DAYS』や『3DAYS Scandinavia』で
コツコツと集めてきたお気に入りの家具や雑貨も、存在感がひときわ輝きます。

 

 

第五章 未来 - Future –

ちょっぴり不器用ながらも、住むひとの背景や夢をくみ取り、
無意識の要望すらもカタチにする家づくりは、未来の暮らしへの種火のようなもの。
一歩先の未来へ、ライフスタイルを描く家づくりは、
私たちCOLORSリノベーションが最も大切にしているプロセスです。

この家の主のOさんの奥様にも素敵な夢があります。
将来、この家を起点にパン屋さんを開きたいという夢。

「子どもたちが大きくなったら」と話すOさん。
2人の娘さんもお母さんの手作りパンが大好物。
私たちCOLORSは、娘さんたちも一緒に、
今から夢へと背中を押すような暮らしを送ってほしいと願い、
使い勝手のよいキッチンをアイアン×ステンレス×木材で造作。
リビングには直火料理ができるコンベクション薪ストーブを設置して、
好きな時に好きなだけパンやお菓子を焼ける生活を実現しました。

住まいはライフスタイルの現れだからこそ、「これから」を見てほしい。
家を作って終わりではなく、暮らしを通して「これから」をデザインしてほしい。
そんな願いを込めたOさんの家では近い将来、パン屋さんやパン教室が始まるのでしょう。
そしてその先は、お子さんが成長されたり、お仕事を引退されたり。
Oさん一家の暮らしはどんどん変化していくのでしょう。
もしかしたら、また新しい夢が生まれるのかもしれません。
ずっと続く「これから」を楽しみに、COLORSは10年先も30年先も、
Oさんのライフスタイルをサポートしていきます。

 

 

住むひとプロフィール

ご夫婦と娘さん2人の4人家族。ご夫妻とCOLORSは、かれこれ20年来のお付き合い。
学生時代から『3DAYS』のお客さんとして何度もお店に足を運んでくださり、
それから、COLORSの店舗とスタッフたちをずっと愛してくださる存在です。