ソールデザイン…。

こんばんは。

ブログ13日目

本日は、朝一から花巻の牛舎のリノベーションに続いて、第二弾の母屋の準備を着々と進め、ひたすら作業してきた加藤です。

牛舎のリノベって何?って思われそうなので、ちょっと映像を付け加えておきます。team press (YUZO/RYOUHEI/MAHO/MINORO)で作ってくれたので、参考までに。自分のコメントは無しにして、映像はなかなかいい感じに出来てます。

本日は、昨日のブログに書いて何かを始める時に、事前に宣言して始める…という内容が、なんで宣言してるんだっけ?が気になり考えてました。

ここ最近は、自分にプレッシャーを掛けるために、デザイン画が出来てなくてもアポを入れたり、面倒くさいなぁ〜とは思うけど、やった方がいいものなども先ずは、やる方法として、宣言してやらなければならない状況を自分で作ります。

言わないと、やらなくても、納期を延ばすことも出来ちゃいます。

がしかし前に進まないし、そもそもやらないで仕事が残っているのが、何とも嫌なんです。出来る限り保留になる仕事はなくして、興味のあることや、やったことない事に取り組んでみたりが、出来るようにしておきたい性分なんです。

では、いつからこんなやり方になったのか…ここ最近と思いきや…。中学生のくらいからかも。

子供の頃は、リトルリーグで野球に没頭し、中学生はシニアリーグとやはり野球に没頭してました。

※リトルリーグは小学生から中1までの期間の硬式野球

※シニアリーグはリトルリーグの次の中3までの硬式野球

このシニアリーグの時に宣言するが、始まりかもしれません。

当時、自分が所属していたリトルリーグには、その上のシニアリーグはありませんでした。他の地区のシニアリーグに入りましたが、今考えるといわゆるスパルタのチームで、自分が所属していたリトルリーグあまりにも真逆でした。

本来は自分が所属していたチームは、のびのびと野球が好きになるような指導っだったので、違和感をおぼえて、すぐに辞めちゃいました。

でも野球はしたい訳です。

そこで考えるのは、だったら自分の好きなシニアを地元に作っちゃえばいいと思い勝手に作ることを宣言し、勝手に友達と後輩に声をかけまくり、チームも出来るかもわからない時から練習もやり始めちゃいます。

その後は、リトルリーグの監督さんや会長さんにお願いして作ってもらい、勝手にチーム名や、ユニホームまでこれがいいと宣言し、そうしちゃってもらえました。(本当に感謝ですね!)

今考えると、周りの人達は大変だったと思いますが、その時に宣言することで、面白さと成功体験が今の行動に繋がっているような気がします。

この後も、同じようなことは何回もしつつ…。

最も中学生の時は、シンプルにやりたいことを宣言していたので、今とはモード的にはかなり違うとは思いますが…。

行き着くところ、自分で本気でしたいと思った時には、宣言してどうしてもやらなければなら状況に追い込み、自分の意志の弱さをカバーする方法しているかもしれませんね。

なにはともあれ、何かをやるための一つの方法としては有効かなと思いました。

試してみれば、また違い方法も見つかりかもしれないですね。

 

本日の一枚

昨日のボードのグラフィックのソール面です。

キャンプで、木の串を削りながら、焚き火で鮭を焼いている内容です。

最初に書いたデザインは、マシュマロでした。アメリカのキャンプには串焼きのマシュマロですが、面白みが無かったので、北海道の鮭の丸焼き!ありえません!が面白かったのでそちらに変更しました。

このデザインの気に入っていたのは、郵便ポスト、チャケの郵便ポストが気にいってました。

本日は、この辺で。

また明日。

 

 

 

カテゴリーBLOG

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です